文字の大きさ  

ソファーのある暮らし

マンボウソファー

マンボウソファーは、正直言ってほかのソファーとは一線を画す不思議なソファーです。フロアソファーの一種なのですが、もっと簡単に表現するなら“座椅子”ですね。インテリアというより家具と言った方がしっくりきます。床にどっかりと置いて自分の好きな角度に背もたれを調節できるのが特徴。(ここら辺はリクライニングソファーと一緒ですね)あとはちょっとゴージャスな座椅子と考えてもかまわないかと思います。さて、この座椅子というのがミソで、日本人にとって大変馴染みやすいのが嬉しいところです。

マンボウソファーって?

読書語源がマンボウのように大きくて安らげる、から来ているらしいマンボウソファー。なるほどそう言われればそんな気もしないでもありませんね。形状は座椅子にたっぷりとウレタンをあしらい、ヘッドレストなどを充実させた形。日本人の生活様式って洋風化しているとはいえ、つい日本人の悲しさというかソファーを背もたれにして床で読書・・・というのも意外と多いんだとか。その点これなら日本古来の座椅子と使用感覚が似ているだけに、使わないということは少ないかと思います。実際、使用者の声についても使用感覚について文句を言っていることはほとんどなく、その他の理由が多かったようです。その部分は後でデメリットの項目で話します。

マンボウソファーのメリット

なにしろすわり心地が抜群によく、座った感覚についてはほとんどの使用者が満足していると評価しています。しかも床を基本に生活する日本人にはこのマンボウソファーは大変生活にマッチしているといえるのではないでしょうか? また、ほとんど座椅子と同じ感覚で使えるので、洋間用座椅子として使ってもよく、自分の生活様式やインテリアを今までとそれほど変えなくてもいいのがメリットだと思います。

マンボウソファーのデメリット

デメリットは、意外とでっかいこと。全身をカバーする形なために普通の座椅子に比べてもかなり大きく、ヘッドレスト部分などは結構な邪魔者になります。また抜群のすわり心地を提供するウレタンがやや匂うこと(いずれ消えます)、ウレタンがヘタリやすいこと、リクライニング部分の強度がやや不安なことなどが上げられます。

マンボウソファーの種類

マンボウソファーは実際の所色々な名前で販売されていますね。これは主に大きさによっての区別のようです。実際リビングに置くと結構場所をとるものなので、小さいものというのも良いのではないでしょうか? そこらへんはお好みとお部屋のインテリアなどの事情によって使い分けていただきたいと思います。

グランドマンボウ

これがスタンダードサイズです。おおきめ。その分全身をかっちりカバーしてくれるので、マンボウソファー特有の抜群のすわり心地、フィット感を堪能できます。予算とスペースに余裕があるのならこちらの方をオススメ。

グランドマンボウマーク2・ベビーマンボウ

こっちはやや小ぶりのマーク2。“やや”ですが結構この差が大きいのも事実。もう一つのベビーマンボウは一応お子様向けとなっていますが、大きさ的には女性なら普通に座れてしまいそうです。ただお子様用なので大人が使うには耐用加重は低いかも知れません。グランドマンボウマーク2はコンパクトかつ自由なレイアウトが楽しめます。どちらを選ぶのかは結局自分自身ということですね。

マンボウソファーをオススメしたい人

女性マンボウソファー、もちろんビジネスユースにはオススメしません(笑)応接室のドア開けてこれが並んでたら思わず笑いますね。もしかしたら商談がスムーズになるかもしれませんけど。ということで個人的な使用をオススメするのですが、何回も言うように西洋座椅子と割り切ってしまうのが良いかと。年配の方や、そうでなくてもどうも椅子に座るのが落ち着かないけどリビングルームに座椅子はちょっとなあ、と考えている日本人なあなたにオススメです。特に、年配の人はこれなら随分と抵抗感がすくないと思いますので、プレゼントなどに使用しても喜ばれるのではないかと思います。その際は贈り先のスペースを確認してから贈りましょうね。

マンボウソファー購入時のアドバイス

まず、すわり心地、リラックスを優先しているために使われているウレタンは結構へたりすいようです。また、自由にレイアウトや角度を調整できるのがウリではあるのですが、あまりしょっちゅういじると壊れやすくなるという指摘もあります。どちらにしても数年で買い替えを意識することになると思うので、その点は覚悟が必要です。しかし、そういったマイナス面を考えに入れてもこのマンボウソファーのリラックス感は得がたいものがあるので、多少の難に眼をつむって購入しても良いのではないかと思います。なお、さらにくつろぐためにマンボウ専用テーブル、ソファーカバー、下敷きなどが用意されているのでそちらもチェックしてみてはいかがでしょうか。最後に、設置は自由にどこにでも置けますし、女性でも持ち運べる程度の重さですが、移動の際には引きずらないようにしないと結構床にキズが残ることがあるようなので注意してくださいね。


ページの上部に戻る