文字の大きさ  

ソファーのある暮らし

ソファーの種類

ソファーは日本語に訳すと長椅子というとおり、本来では3人がけ程度の背もたれのある椅子のことを指します。しかし、現在では一人用のシングルソファー、二人用のカップルソファーなどというものもソファーの一員とされています。さらに目的に合わせて特化したソファーも多く、それぞれ違った名前が与えられています。

ソファーの種類の説明前に

ソファーの種類は結構あいまいなものが多いのを覚えて置いてください。たとえばこのページでは後ろに背もたれを自由に倒せるものをリクライニングソファーとして紹介していますが、実際はソファーベッドやマンボウソファーなどもリクライニング機能を持っているものがあるものが多いですし、座面が広がってL字型に配置できるものをカウチソファーとして紹介していますが、通常の長椅子状態でただ横になるために多少座面が広がっているものもカウチソファーとして販売されていることもあります。

ここらへんはメーカーさんや販売店さんがある程度自由に呼んでいるようです。ですからここで紹介している種類はあくまでも“普通は”こう分類されるのだ、といった程度に考えてもらえると助かります。

ソファーの種類について

それでは以降のページで今現在人気のあるソファーを5つ紹介しています。それぞれ目的や向いた場所などが違います。それらを順に紹介していますからソファーを購入する際の目安として利用してもらえると嬉しいです。

ソファーベッド
詳細はこちら

座るだけではなく寝る、つまりベッドとしての目的を備えたソファーです。これは他のソファーに比べてもやや特殊な用途に使うものですね。以降のページでどのような場所に置くのがオススメか、どんな形がオススメか、など細かく紹介して行きます。ソファーベッドに興味がある方はぜひご覧ください。

カウチソファー
詳細はこちら

ソファーでくつろぎたい・ゴロゴロしたいという人には特にオススメのカウチソファー。有名なカウチポテト族を楽しむためにあるような、のんびりするためのソファーです。カウチソファーの種類や、購入するときの注意点などカウチソファーを購入したいと思っている人、カウチソファーがどんなものか知りたい人は読んでみて下さいね。

リクライニングソファー
詳細はこちら

カウチソファーを設置するほど場所に余裕はないけれどくつろぎたい、一日の疲れを癒したいという人はこのリクライニングソファーはいかがでしょうか? 車の椅子などでご存知の人も多いでしょうが、この「自分の心地いいポイントまで自在に椅子を倒せる」という機能は安らぎたい気分のときにベスト。しかもそこらの車よりずっと柔らかくて心地いいですよ。

コーナーソファー
詳細はこちら

大邸宅御用達の感があるコーナーソファーですが、意外と狭い部屋でも大きく使えるのでかえって狭い部屋の人にお勧めだったりします。「座る」ことをメインに考えたソファーなのでオーディオソフトを堪能したり、間接照明などを併用してオトナの癒し空間を考えるときに考えてみたいアイテムですね。

マンボウソファー
詳細はこちら

人呼んで西洋座椅子。いや、これは勝手に私が呼んでいるだけですが。マンボウソファーを説明するときにこれ以上ピッタリな表現はないんじゃないかなと思っています。座椅子同様の使い方が出来ますから、現在和室でどうも洋室のソファーに馴染めない、という人も抵抗なく移行できると思います。

その他のソファーの種類

ここでは人気順に5つ紹介したわけですが、もちろんその他にもいくつもの種類があります。たとえば、あまりにもスタンダードなので紹介しなかったカントリータイプ。よく応接室などにおいてある、まっすぐなデザインのもの。スタンダードであるということは長く愛されてきた伝統あるデザインといえますね。分類としてはちょっとあいまいなので紹介しなかったクラシックタイプもやはり昔から愛されていたソファーです。その他にも肘掛けを持たないアームレスソファーなど、さまざまな種類のものがあります。ここで紹介されていないから不人気というわけではなく、逆に紹介しなくてもみんな知っているであろう、いまさら紹介するまでもないだろう、という有名なソファーばかりです。

ソファーの種類を知ったら?

必要な、または気になったソファーの種類を知ったなら、今度は実際に購入を考えてみませんか? 次の「ソファーを購入する前に」のページでは実際にソファーを購入する際に目を通して欲しいアドバイス、素材について、または中古品や激安品を購入しようと思っているときの注意点などを紹介しています。ソファーはやっぱり高いものです。失敗しない、自分がお気に入りのソファーを購入するためにもぜひとも一回は読んでもらいたい情報だと思います。トップページの最初に書いたとおりここを読んであなたが“お気に入り”のソファーを見つけ出すお手伝いが出来れば幸いです。


ページの上部に戻る