文字の大きさ  

ソファーのある暮らし

ソファークッション

ソファーでゆったりくつろぐときに、オットマンなどと一緒にオススメなのがこのソファー用クッション。ソファーとセットで売っているものならば、色もデザインも統一されていて見た目にもいい感じですね。もちろんまったく別のものを用意するのも楽しくていいですね。

クッションの中身について

クッションの中に入れる、いわゆる詰め物に関してはいろんな種類が販売されています。それぞれ実に特徴的で、一長一短があります。ここは自分がお気に入りのものを購入するのが王道ですね。では気に入ったクッションを見つけてもらうために、代表的なものについて特徴などを紹介してみましょう。

ビーズクッション

サラサラとした肌触りと感触がたまらないビーズクッション。中にはもちろんビーズが入っています。ビーズの特徴は肌触りの面白さ、型崩れしにくい(というか崩れようがない)、通気性・放湿性が高いといったところでしょうか。欠点はしゃらしゃらうるさい、形が決まっていないといったところでしょうか。

ウレタンクッション

こういったクッション材に欠かせないのがウレタン。その種類も多く、それぞれによってまったく違った表情、特性を持った素材として使用できます。代表的なところでは低反発ウレタン(ゆっくりと身体に合わせて沈み込むのでフィット感がある)高密度ウレタン(型崩れ、変形しにくい)などといった違いがあります。ウレタンに関する説明はソファーの素材のページでも紹介していますから併せて読んでみてください。

その他

綿、スポンジ、羽毛など、天然素材科学素材を問わずさまざまな素材が用意されています。それぞれ違った特性がありますが、ソファーの素材ページに綿などの特性をまとめてありますから、そちらも読んでみてくださいね。ただ、体重をかけることが多くなりがちですのである程度耐久性に富んだ素材の方が長く使えます。

どんなクッションを選ぼう?

一般にセットで販売されているものについてはソファーと同じ素材のものが多いのですが、バラで注文すればこうしたクッションも入手できるでしょう・・というよりも、別にソファー用のクッションにこだわる必要もありませんね。お気に入りのクッションを用意すれば良いでしょう。クッションのなにより大事な目的は一つ。クッションに預けた身体を受け止めて、リラックスさせることです。この条件を満たすものなら、あれでなければならないとかこういう形でなくてはいけないといったことは無いと思います。ただ、座面よりも大きすぎるクッションはズルズル下がってきてしまうので(これが結構なストレスたまります)ソファーのサイズについては少々考えた方がいいでしょう。

座面用クッションについて

ソファーとクッションにはもう一種類あります。それがこの座面用のクッション。ソファー本体からセパレート式(分割式)になっているもので考えようによっては巨大座布団といったもの。こうした方式のソファー本体にはクッションがなく、この座面用クッションと組み合わせて一つのソファーとなるわけです。そこで、こっちの座面用クッションについても紹介してみましょう。

座面用クッションの特徴

このセパレート式、実は大変便利。なぜならソファーで一番痛みやすいのがこの座面部分だからです。ですから、もしも片方に穴が開いてしまったらそちらだけを交換するといった「悪いところだけ」取り替えることが出来るのですね。これなら安心。もしもあとで張替えなどを考えるときでも、一体式ソファーと違ってそのクッションだけを張り替えればいいのでお得です。余談ですが、私のじいさんの家がこのタイプのソファーだったのですが、なんかずーっとあったような気がします。子供の頃から大きくなるまでいつ遊びに行っても置いてありましたね。このサイトの「お気に入りのソファーを長く使う」という方針はこれが元かも知れません。

座面用クッションの注意

座面用のクッションは、そのソファー用ということになります。似たようなものを探すという手もありますが、やはりおさまりが悪いといった問題が出る可能性があります。そのソファーが人気商品で、何年も販売され続けていればいいのですが、そうでなければ替えのクッションを用意することが難しくなりますし、張替えも難しく(高く)なることがあります。これは注意しろといってもどうしようもないのですが、一応の知識として紹介しておきます。出来るならソファーにはカバーを掛けて大事に使ってもらうのが一番ということでしょうか。


ページの上部に戻る