文字の大きさ  

ソファーのある暮らし

トラブルの対処

「・・・お気に入りの家具にジュースこぼしちゃった!」ということ、ありますね。かなりあせってしまうものなのですが、あわてた結果かえって汚れを広げてしまって悲しいことになってしまった・・という経験はだれでもあるんではないでしょうか? しかもそれが思い入れのあるソファーならなおさらです。

汚れに関するトラブル

では、汚れ別に対処方法を考えてみましょう。それぞれの性質と、ソファーの生地にあった方法を選択して正しく汚れを落としましょう。なお全てに共通ポイントとして、こすらない・押し込まないようにしましょう。繊維の奥に汚れを押しやってしまうだけです。また、洗剤や薬品を使った場合は必ずきちんとふき取りましょう。なお、こうしたシミ抜きは時間との戦いなので出来るだけ早めの処置が大事です。

水に溶ける汚れ

コーヒーこれは、ジュース・コーヒー・紅茶などの飲料系やしょう油などの調味料をこぼしてしまった場合。まず布系はきれいな布、キッチンペーパーなどを当ててトントンと叩きます。大雑把に汚れが落ちたら、薄めた洗剤を浸した布でやはりトントンします。最後に水を浸した布で叩いて洗剤を取り、乾いた布でふき取ります。ポリエステルが100%のものは水洗いも可能です。(洗剤は残らないように、最後にきちんと拭き、あまり濡らし過ぎないように。中にしみこみます)合皮系はティッシュなどで軽く抑え、汚れが気になるのなら固く絞った布で叩きます。本革の場合は基本的に“こぼしてはいけません。”・・・一応布系と同様の方法である程度は取れますが、毛羽立ったりすることが多いです。その場合ブラッシングで毛並みを整えると大分目立たなくなります。

油に溶ける汚れ

バターつまりは油による汚れですね。バターやマーガリン、口紅などです。基本的に 油汚れは水では落ちません。どの場合もティッシュである程度ふき取った後、布系ならベンジンなどを薄めたもので何回も叩くと目立たなくなります。合皮も同じですが、物によってはベンジン跡の方が目立ちかねないので先に目立たないところで試しましょう。本革の場合は本革クリーナーを使いますが、これも事前チェックしておきましょう。ちなみに本革には絶対にベンジンやシンナーを使わないこと。汚れそのものよりも状況が悪化する可能性大です。

その他の汚れ

泥などは、そのまま拭くと土の粒で表地が傷つきます。まずは柔らかめのブラシで大きな粒を取り除きます。その後は固く絞った雑巾で叩きます。本革やスエードの場合はその後でブラッシングして毛並みを整えることをお忘れなく。次に厄介な「血液」に関して。これはもうあきらめてください、といいたいところですが、あまりにも目立つ位置であれば布を敷き、その上からオキシドールを含ませた布で頑張って叩く、またはあてこすります。これでいくらかは目立たなくなります。なお、絶対にぬるま湯・お湯は使わないようにしましょう。

その他のトラブル

そのほか、ソファーに関して考えられるトラブルとその対処法をいくつか紹介してみましょう。いずれも大事なのは早めの処置。時間がかかるほどに手遅れになって行きますのではやめの対応がカギといえるでしょう。

合皮にヒビが入る

これの回答はシンプルです。直射日光に当てすぎか、水拭きし過ぎがほとんどです。直射日光が原因なら場所を移動して直接日光が当たらないようにするか、ソファーカバーを掛けましょう。水拭きしすぎのほうですが、基本的に合皮は乾拭きだけで充分です。水を使うのはよほど汚れたときか、シミが出来たときに限った方が結果的に長持ちします。

キズがついた

キズそのものはもはやどうしようもありません。合皮の場合などは同系色のタッチペンなどでごまかすしかないでしょう。事前に硬いものをそばにおかない、金属系のものを装備したままゴロゴロしない・・といった対処をするしかありません。なお、ペットなども気をつけてくださいね。

本革のソファーががさがさになった

本革ソファーは基本的にお高い上に、大事に使うと長持ちするくせに放置するとあっという間にだめになってしまう特徴があります。革には油分が染み込んでいるのですが、放置するとこれが次第に抜け落ちていきます。そうなると上で言ったとおりがさがさになっていってしまいます。市販の革クリーナーなどはこの分を補充する働きがあるので、最低3ヶ月に1度はクリーナーを使って上げましょう。おまけですが、本革の多少の汚れであれば柔らか目の消しゴムで軽く何回もこすってあげると大分目立たなくなります。でも、取れないからといって力いっぱいこすったりしないでくださいね。


ページの上部に戻る