文字の大きさ  

ソファーのある暮らし

ソファーの掃除方法

普段から手入れを気にしていれば、痛みも少なく、いつでも快適にソファーが使えますよ。ということで、ここでは日常のお手入れとして、掃除方法や、洗濯などについて紹介してみましょう。間違えた掃除をするとかえってソファー生地を痛めかねません。正しい掃除の仕方をしてくださいね。

ソファーを掃除する前に

では、最初にやっていただくこと。お宅のソファーが何で出来ているかを知ることです。カタログにも記載されているはずですし、ソファーを見回せばタグなどがついているかも知れませんので調べてみましょう。本革だろうと思っていたら合皮だったとかはありがちですし、布生地に至っては判別すら難しいと思います。素材にあわせた掃除をするために必要なので、ぜひ確認してみてくださいね。

素材別掃除方法

それではここから素材にあわせた掃除方法を紹介して行きます。

布系ソファーのお掃除方法

こちらはポリエステル100%のもの以外はほぼ一緒で、普通に掃除機をかけていいです。ただ、普通の吸い込み口を使うとカドの部分で傷つけてしまうことがあるので、ブラッシングブラシタイプの吸い込みを利用するとさらにいいと思います。そんなものがない、という場合には柔らかいブラシで汚れを掃きだす(ブラッシング)と良いでしょう。このときは吐き出したホコリをそのまま掃除機で吸い込んでやると汚れが再吸着しにくくなります。さて、ポリエステル100%のものは、掃除は一緒でかまいませんが、嬉しい特性として水ぶき出来るという特徴を持っています。一通り掃除を終えた後、汚れが気になる場所に水をつけた布で(あまり汚れがひどい場合は洗剤を溶かした水で)トントンっと叩いてやるときれいになります。ただし、生地が傷むのでこすらないことと、洗剤を利用した場合は洗剤成分が残らないように拭き取ることを忘れないようにしましょう。

合皮系ソファーのお掃除方法

こちらは、引っかくと傷がつきやすいので掃除機は避けましょう。その代わり合皮の特性としてもともと汚れにくく、汚れが取りやすいという特徴がありますので、通常ではきれいな布で乾拭きで良いでしょう。あまりに汚れがひどければ洗剤を溶かした溶剤で軽く拭き、洗剤成分が残らないようにふき取りましょう。どちらもあまり力を入れてこするとかえって表面が毛羽立ったり荒れたりしますから、軽く優しく拭いてあげましょう。

本革ソファーのお掃除方法

本革には目がありますのでそれにあわせて優しくブラッシングをしてあげます。掃除機でホコリを吸い込むときは革表面に直接触れないようにして行い、キズを作らないようにしましょう。汚れが目立つ部分はぬるま湯に浸して固く絞った布でトントンとやるか、市販の革用クリーナーなどを使うのも良いでしょう。ただ、このクリーナーは相性があるのでまずは目立たない場所で試してから使用することを強くオススメします。

ソファーの洗濯について

まずは合皮、本革ですが洗濯はしない方が良いでしょう。というより通常これらは本体と離れないように全張りされていますので、不可能といってもいいでしょう。さて、布地のほうはカバーリングソファー(全張りされていなく、生地だけを外せるもの)であれば大抵お洗濯できます。ただし自宅で洗えるものはポリエステル製のもの、その中でもポリエステルの比率がかなり高いものだけです。こうした布地は優しく手洗い(お湯は厳禁。30度以内のぬるま湯までにしておきましょう)することが出来ます。干すときは必ず陰干しにし、絶対に脱水機にかけたり、絞ったりしないでください。それ以外の布地はプロであるクリーニング屋さんに任せて、ドライクリーニングで洗濯してもらいましょう。

ソファーカバーについて

ホコリなどはとにかく、汚れがついてしまうとかなり大変なのがソファーのお掃除。普段から汚さないようにするのが一番なのですが、いちいちそんなことを気にしていたら落ち着きませんね。ソファーカバーをしておけば心配の種がへることでしょう。別に高いお金を出して買わなくても、大きな布をシートや背もたれに掛けておくだけでも、随分と違います。生地は出来るだけ丸洗いできるような素材を選択すると汚しても安心ですね。もうひとつ、合成繊維や化学繊維のソファーに、同系統のソファーカバーを使うと滑りやすくなります。使っている最中にずるずるカバーが下がってくるようではイライラしますからこういった組み合わせを避けるか、固定できるようにするといいでしょう。


ページの上部に戻る