文字の大きさ  

ソファーのある暮らし

ソファーのクッション素材

ソファーに使われる素材ってものすごく大事ですね。特に大事なのが肌触りや風合いなど外見や使い心地を左右する外張りの部分と、クッションに何が使われているのか? という2つでしょうか。どちらもお気に入りの家具として長く使う気になるかという部分で非常に重要なポイントだと思います。

ソファーのクッション素材

ソファーは何しろ柔らかく、座ったとたん身体を優しく受け止めてくれるものでなければいけません。しかし、ただ柔らかいだけではかえって疲れてしまいますし、痛みも早いのが現実です。そこでソファーにはいろいろな素材が考えられ、使われてきました。

カタログなどを見れば内部のクッションに何を使っているのか? といったことを表記してあるものもありますが、どのようなものかまで書いてあるところは少ないようです。そこでいくつかの代表的な素材を紹介してみましょう。

なお、大抵はいくつかの種類のウレタンを併用したり、スポンジを加えたりといった多層構造になっていることが多いようです。

ウレタンについて

まあ、大概の場合はソファーのクッションはこのウレタンを使用しています。ちょっと大事なことですが、このウレタンには密度というものがあり、それによって随分とすわり心地が変わってきます。密度が小さいものほど耐久度が弱く、柔らかいものになります。逆に密度が高ければ固い替わりに耐久度が高まります。基本的には密度が高いものの方が高くなります。

ウレタンの種類

密度のほかにも、反発性の違い(低反発ウレタン)や成形され、形作られたモールドウレタンや、ウレタンの周囲をスポンジで巻いたもの・・・など、たくさんの種類があり、しかもこれらを階層構造にしたり、ほかの素材と組み合わせたりしたものも多いので、もはや一口でウレタンと言い表すのが難しい状況になっています。

フェザーについて

フェザーは水鳥の羽毛です。柔らかくてふんわりとした受け口を見せてくれる上に軽く、暖かい・・・と、まあ羽毛布団のCMそのまんまですね。ぐっと体重を受け止めてくれるというよりふんわりと全体的に分散して受け止めてくれます。ただ問題はお高くつくこと。これはどうしようもないですね・・・。

内部の反発素材

ソファーの場合はさらに柔らかさ、座り心地を追求するためにクッション部分のさらに下で体重を受け止めるために、スプリングなどで衝撃を吸収するシステムになっています。こちらのほうも紹介しておきましょう。選ぶ際の参考になるかと思います。

スプリング系

ソファーに座ったときの柔らかさはクッション+このスプリングによって決まります。スプリングにはコイルスプリング、S字スプリング、エラストスプリングなどがあり、それぞれに特性があります。昔のソファーはコイル(渦巻き式)のスプリングが多かったのですが、現在はその他のスプリングも現れ、まさにメーカーそれぞれが独自技術を持っているといっても過言ではないほどです。

一番柔らかく、身体を受け止めてくれるのはコイルスプリングですが、一定箇所のスプリングにのみ負担がかかるといった欠点があります。そのほかのスプリングでは全体的に重量を分散させるのでやや固く、その代わり一定箇所のみ負担がかかる、といったことが少なくなります。

その他の素材について

その他、金属性のスプリングのほかにもチップウレタン(ウレタンの細かいものを詰め込んだもの)やウェービングテープ(ゴムを糸に編みこんだもの。軽くて安い)ウッドスプリング(薄く削りだした木材を網状に編み上げ、反らせたもの)などがあり、それぞれに一長一短があります。

ストロークについて

ソファーに座ったときにどれだけ身体が沈みこむか、ということをストロークといいますが、このストロークが大きければ柔らかくてリラックスしやすく、逆に小さければハードな座り心地になります。ただ、長時間座るのであればかえってこうしたハードなものの方が疲れにくいので、目的に応じたものを選びましょう。

参考として(基本的には)コイル>S字>エラストの順でストロークが小さくなります。さらにクッション材との組み合わせも考えればどの程度のストロークになるか想像できると思います。

素材のまとめ

実際のところ、ソファーの素材と言ってもかなりの種類があるのを一気に説明したのでゴチャついた説明になった気がしますので、ちょっとまとめてみますね。まず基本的には内部素材であるスプリングなどがあり、その上にクッション材が乗っているのがソファーの構造です。ソファーの座り心地、柔らかさなどはこれらの素材に負うところが大きいわけです。例えば同じカウチソファーを買うにしても素材(内部構造)をみればこれは柔らかめだな、とかあちらと比べるとやや固めだな、といった予想がついてくると思います。家具屋さんに直接行って選ぶのなら現品を触って確かめられますが、通販やネットでの購入ではこうしたところは確かめようがないので、そういったときに役に立つと思いますよ。


ページの上部に戻る