文字の大きさ  
  • 小
  • 中
  • 大

ソファーのある暮らし

ソファーのある暮らし

リビングや応接室など、自分がくつろぎたいときや大切なお客様をもてなしたいときにあると嬉しいソファー。「そろそろ買い換えようかな?」とか「この部屋にソファーがあったらステキだろうな」とか思っている人も多いはず。

でもソファーって買おうとすると結構いい値段だったりするんですよね。そこでソファーの購入に失敗しないようにアドバイスしてお気に入りのソファーを見つけてもらい、さらにせっかく購入したからには末永く使っていただくためのお手入れ方法などを知ってもらいたい、というのがこのサイトの目的です。

始めに

最初にも触れましたがこのサイトの目的は自分の気に入ったソファーを見つけてもらって、「できるだけ長く、ずっと使ってもらう」ことです。ソファーがある部屋ではどうしてもソファーが部屋の中心になります。テレビを見て、読書して、くつろいで・・・みんなソファーの上ですよね? ですから、そこがあなたのお気に入りの場所になって欲しいのです。どんなソファーが部屋にあうかを考え、気に入ったソファーを購入してもらい、お手入れをして長く愛用してもらいたい・・・それがこのサイトの願いです。あなたが買おうと思っているソファーが、あなたにとって“特等席”になりますように。

このサイトの流れ

このサイトは大きく分けて4つに分かれています。順に読み進めてもらえれば、きっとお気に入りソファーを見つけることが出来ると思います。ではその4つにどのようなことが書いてあるかを紹介してみましょう。

ソファーの種類 詳細はこちら

まずは、どんなソファーがあるのか知らなくては自分のお気に入りソファーを選択なんてできませんよね? 
ここでは人気のあるカウチ、リクライニング、ソファーベッドなどの種類について紹介して行きます。

まずはどのようなソファーがあって、どういう部屋にあうのか、そのソファーはどういう用途に向いているのかなどを一緒に考えてみましょう。

ソファーを購入する前に 詳細はこちら

次にここで実際に購入から設置するまでにぜひ考えておきたいこと、知っておいて欲しいことを紹介します。

お部屋のインテリアにあいますか?
ソファーの大きさは必要以上に大きかったり、逆に小さすぎたりしませんか?
もし中古品を選ぶのであればどのようなことに注意すればいいのか?

など、あなたの“お気に入り”を見つけるためのアドバイスをしたいと思います。

ソファー用のアイテム 詳細はこちら

さて、以上の項目でいいソファーを手に入れることが出来たなら、そのソファーにあうアイテムも考えてみませんか? オットマンがあればのびのびと足を伸ばせます。

ソファーカバーがあれば汚れを軽減できますし、ソファー自体も長持ちします。ここで紹介するものは、あなたのソファーライフ? をより応援してくれるものたちです。

ソファーのお手入れ 詳細はこちら

購入したソファーがどのくらい使えるのかは、このお手入れにかかっているといってもいいでしょう。やさしく丁寧に扱うなら一生ものとして使えるでしょうし、放っておくなら確実に長持ちしないことになります。

せっかく高いお金を出して買うのですから、長く使えるようにしたいものですね。ここではソファーのお手入れについてお話してみます。

ソファーってなんだろう?

さて、各ページに行く前に簡単にソファーについてお話してみましょう。日本語では長椅子と訳されることが多いのですが、それだとベンチなんかも入ってしまいますね。ソファーは長椅子の中でも柔らかく弾力性があり、休息性に優れた(つまり、くつろげる)タイプの椅子全般を指します。大きさ、形、素材などによってさまざまな種類がありますが、どのタイプでも目的は“くつろぐこと”になります。遠くからお客様がみえたとき、自分が疲れて帰ってきたとき・・・ソファーが優しく癒してくれることでしょう。

ソファーの歴史

ラクダ

ソファーの元祖は座布団、クッションのようなものだったといわれています。むかしラクダの背中に乗っていた旅人が長距離を乗ってもおしりが痛くならないように、と鞍の上にクッション代わりに敷いていたものがその原型であると言われています。そのクッションの名前が“suffah”といい、それがそのままソファー(sofa)の語源にもなりました。

ソファーの耐用年数

大事にソファーを使ってもらえれば嬉しいのですが、使ってもらえば使ってもらうほどやはり経年劣化は避けられないものといえるでしょう。通常の目安は5年。もちろん素材や使い方などにもよりますが。しかし、通常のメンテナンスがしっかりしていて、優しく扱ってあげればもっと長持ちしてくれます。では、それ以上の期間をすぎたら・・? 大丈夫。そこまで大切に気に入ってくれたソファーをそのまま捨てる必要はありません。今はソファーを張り替えられるものなら(張り替えられないタイプのものもあります)ずっと使うことも出来るからです。


ページの上部に戻る